<< モバイルビジネス研究会、NRI北氏「誰が損しているか」調査 | main | ドコモ、子供向け絵画コンテスト開催 >>

いすゞとKDDI、車両運行管理システムの新バージョンを共同開発

0
    xisz01.jpg いすゞ自動車とKDDIは、商用車向けの運行管理システム「みまもりくんオンラインサービス」の新バージョンを共同開発した。同製品は、全国のいすゞ系販売店において、5月31日より販売される。→記事内容をチェック
     みまもりくんオンラインサービスは、車両の速度や位置情報などをサーバーに送信できる車載通信ユニット「みまもりくんコントローラー」を使った、業務向けの車両運行管理システム。オンラインサービスとセットで提供される。みまもりくんコントローラーは1DINサイズになっていて、ほぼすべての車種に搭載できるという。

     みまもりくんコントローラーは、gpsOneによる位置情報、エンジン回転数などの運転情報を測定し、サーバーに自動送信する。これにより、たとえばオペレーターがインターネットで各車両の位置や運行状況をリアルタイムで確認したり、国交省が定める運転日報などのレポートをオンラインで自動作成させることができる。さらに各車両ごとに燃費の良い走行のためのアドバイスをPDFでダウンロードすることなどもできる。オプションを追加することで、国交省の定めるデジタルタコグラフ(運行記録計)の代わりにも使える。
    関連情報→人気blogランキングへ
    にほんブログ村 携帯ブログへ

     2004年に発売された従来モデルに比べると、組込用通信モジュール「KCMV-200」により1X WIN通信に対応したほか、従来は複数だった車載ユニットが1DINに集約され、モノクロのディスプレイが新たに搭載された。また、サーバーから車載ユニットへのメッセージの配信機能、ETCやカーナビと接続する機能なども追加されている。

     車載ユニットの「みまもりくんコントローラー基本キット」は1台79,980円で、キットには外付けの通信アンテナとGPSアンテナも含まれる。システム利用料金は1台当たり月額945円。完全月額料金制で、通信が多くても料金は一定。このほかにも、各種オプションユニット・サービスも提供される。業務車両であれば、個人でも購入可能で、契約台数が1台でも複数台でも、1台当たりの価格は変わらない。

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.06.19 Tuesday
      • -
      • 09:39
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      いすゞベレット1600GTファストバック(ISUZUBELLETT1600GTFASTBACK)
      いすゞベレット1600GTの情報です
      • 自動車教習所&合宿免許
      • 2007/06/07 1:24 AM
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>
      PR
      ブログ ランキング
      にほんブログ村 携帯ブログへ
      お得なリンク!


      Apple Store(Japan)
      ブランドストラップ!
      LOUIS VUITTON/ルイ ヴィトン携帯ストラップ GUCCIグッチ携帯ストラップ MIUMIU携帯ストラップ ハンティングワールド/Hunting World携帯ストラップ 【FERRAGAMO】フェラガモ携帯ストラップ ブルガリBVLGARI携帯ストラップ ChristianDiorクリスチャン・ディオール携帯ストラップ 人気ブランド【COACH】コーチ携帯ストラップ
      おすすめグッズ!
      チャージプラスは軽くて超コンパクトな携帯充電器
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM